不動産売却にかかる消費税について

不動産売却を行った場合、売主が不動産業者であれば、事業用に取得した不動産の売却にあたるため、売買代金として得た金銭の一部を消費税として納税しなければなりません。ただし、課税される不動産は建物の売買代金のみであり、土地の売買代金については非課税となっています。一方、売主が個人の場合は、売った物件が居住目的で使用していたものであれば、土地・建物ともに売買代金に対して消費税が課されることはありません。

ただし、売主が個人であっても、不動産売却をする過程で発生する費用の中に消費税額が加算されているものがあります。その代表的な例が売買契約が成立した後に不動産業者に支払う仲介手数料です。仲介手数料は宅地建物取引業法によって上限が決まっており、不動産業者は税込みの仲介手数料がこの上限を上回らないようにする必要があります。ただし、近年は仲介手数料を無料としている不動産業者も多くなっているため、必ず税額分が上乗せされるわけではありません。

また、不動産売却によって得た売買代金でローンの一括返済をおこなう場合は、このとき請求される繰上返済手数料の中に消費税が含まれます。繰上返済手数料の額は金融機関が自由に決めることができるため、安いところでは3,000~5,000円程度しか顧客に請求しませんが、中には数万円の手数料を請求してくるところもあります。当然、もとの手数料が高く設定されれば、上乗せされる消費税額も高くなります。

VIO 脱毛で毛の長さも変わる?

毛が多いと思っている方には、本当に毛量が多い場合と実は1本1本の毛が長いから量が多く見えてしまっている場合があります。アンダーヘアの形を整えたり、また毛量を減らしたり毛質をやわらかくしたりなど意外といろいろなことができる脱毛ですが、脱毛することでアンダーヘアを短くする、なんていうことも可能なのでしょうか?

脱毛施術をしたあとで毛の長さが短くなった方は確かにいらっしゃるようです。しかし、長さは変わらなかったという方もいらっしゃるので、その辺りには個人差があると考えられます。そのため、脱毛をすることで確実に短くなる、ということは言えません。

ただし、脱毛 VIO やり方の全体照射を何回かすることでアンダーヘア全体の毛質を細くやわらかくすれば、短くなる可能性は十分考えられます。また細く柔らかい毛であれば、長さが多少あったとしても固く太い毛で長い状態よりは長さが目立たないですしはさみなどでカットしても断面がチクチクすることも少なくなります。ですので、長さが気になるという方は、まずは全体照射を何回か行って毛質を変えることを目指してみるといいでしょう。

どのくらい全体照射をしたらいいのかは、医療レーザーか光脱毛か、また個人の毛量などにもよります。まずはカウンセリングで毛の長さもなんとかしたいということを相談してみてください。

振込キャッシングを利用すれば現金をおろす手間が要らない!

日々の忙しい生活の中で急にお金の不足に悩まされてしまうケースも多いはず。生活費や食費、自分の趣味やグルメ、ファッションへの出費、さらに子供の教育費や家族の怪我や病気に伴う医療費、そして休暇前のレジャーや旅行の準備に至るまでその可能性には様々なものがあります。もしもこれらの支払いのためのお金が足りない時には消費者金融の借り入れサービスを利用すれば手軽に埋め合わせることができますが、しかしわざわざ店舗に出向いたり、自動契約機を使って申請手続きするなどの手間暇は実に煩わしいものがあります。何よりも日中は仕事場で働くサラリーマンにとっては、営業時間内に所定の窓口に赴くことは困難です。そんな時にうってつけなのが振込キャッシングです。

オリックス銀行など銀行系にもあるような、振込キャッシングとは、申請時に希望した借入額を銀行口座にそのまま一括振込してもらえる金融サービスのこと。すべての手続きは電話やネットにて行えますので、わざわざどこかの店舗や窓口に出かけて行かねばならないことはありません。その上で、審査通過すればすぐにメールや電話にてその旨の報告が行われますので、それから数時間後には銀行口座への振込が行われ、それをネットバンキングにて確認したり、振込手配などを行うことであらゆるお金の不足に対処することができます。つまり、何らかのお金の必要性に見舞われたとしても融資金をおろす手間が要らず、そのままの状態でネット処理できるのです。しかし深夜帯や朝方といった時間帯でも24時間いつでも申請可能。これは実に便利なシステムと言えるでしょう。

本社勤務が最も有利?!プロミスの審査に重要な属性スコアリングとは

お金を貸してほしいと申し込み、条件なしで借り入れができるところは正規の消費者金融の中ではありえません。
必ず審査が行われるのはプロミスだけのことではなくどこのキャッシングでも同じことです。

カードローンの審査にはいくつかの項目があります。
個人信用情報機関への照会、在籍確認もありますが最も最初に行われるのは属性スコアリングになります。

属性スコアリングはコンピュータによる自動審査で行われるものであり担当者の心証ひとつで変わるというものではありません。
属性とは個人の情報であり例えば職業や年収などのプラス要素のほかに家族構成や居住形態、他社からの借り入れなどの年収から差し引かれるマイナス要素を点数をつけて採点をするものです。
その点数は消費者金融によって違いがありますが点数自体ではなくその高い低いという順序は考えることができます。

例えば職業。
公務員が現在では最も安定した職業であることは間違いありません。
ついで大企業となりますがその中でもやはり本社勤務ほど安定しているものはないでしょう。
中小企業も大企業ほどではないにしろ安定している職業ではあります。
自営業はどれほど安定していても残念ながら企業勤めよりも安定していると判断されることはないでしょう。
パートやアルバイトも安定した収入があれば申し込み可能とはなっていますがそれは限度額に影響することも間違いありません。
無職であれば判定外、本人に収入が無ければ申し込みすらすることができません。